ステップファミリーの意味

2012.11.12|ステップファミリーとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

 

ステップファミリーという言葉をご存知ですか?
知恵蔵2012では

「配偶者の少なくとも一方の結婚前の子供と一緒に生活する家族形態。」

と記されています。
つまり、ステップファミリーとは夫婦のどちらかあるいは両方が

子供を連れて再婚した時に誕生する家族のことです。

 

アメリカで1970年代以降、離婚・再婚が増加して一般的になった言葉で

日本でも1990年代以降、離婚・再婚家族が増えてよく使われる言葉になってきました。
2005年にはバツイチ子連れ同士の再婚による夫婦、子どもたちの葛藤と成長を描いたドラマ

「うちはステップファミリー」が放送されているのでステップファミリーという言葉に

聞き覚えがあるという方も少なくないのではないでしょうか?
ドラマは夫婦それぞれに子供がいて再婚というケースだったのですが

夫か妻、どちらかにだけ子供がいるケースや片方が初婚の場合もステップファミリーと呼びます。

 

「ステップ」は接頭語で「継」という意味を表しています。
継母(ままはは)、継子(ままこ)といった言葉はなんとなくあまりいいイメージがありませんよね。
シンデレラが継母にいじめられていたというお話が頭のどこかにあるせいでしょうか?

 

でも、日本語の「継ぐ」という言葉には

「結び合わせたり足したりして、一続きのものとする」

「つなぎ合わせる」

「破れを繕う」

「絶えないように減ったところに足す。補給する」

などの意味があります。

 

二つの家族が一つに結ばれ、お互いに足りないものを補い合う家族。
そう考えればステップファミリーという言葉も素敵な響きになりませんか?

 

 

 

FX取引